ペットシッターとは

私達の聞き慣れた言葉に”ベビーシッター”という仕事があります。

ベビーシッターがお子さんのお世話をする仕事に対し、ペットのお世話をするのが、”ペットシッター”です。

相手がペットであっても飼い主様にとっては大切な存在です。家族の一員であり、友人であり、恋人でもあります。ペットシッターはそんなペット達を飼い主様に代わって、いつもと同じお世話をする仕事です。

専門知識を身に付けたプロのペットシッターは、それぞれのペット達が置かれた生活空間を良く理解し、愛情を持ってお世話をし、気を配り、必要であれば飼い主様に適切なアドバイスをし、ペットにも飼い主様にも信頼され、飼い主様がいつでも気軽に安心してペットのお世話を頼める、そして、ご満足頂けるサービスを提供するのが”ペットシッター”なのです。

ペットシッターの仕事

ペットシッターの基本的な仕事とは、十分な知識・技術訓練を受けたペットシッターが、1日1回〜2回ご自宅にお伺いし、ペットの食事・お水の用意、トイレの掃除、

わんちゃんはお散歩や室内での遊び、猫ちゃんや小動物は室内での遊び相手等のお世話をします。

 

湘南・辻堂のペットシッター/アニマルガーデンでは、自宅でのペットホテルや一時預り(保育園)・お散歩代行・介護が必要なペットの訪問支援・送迎・お買物代行・シャンプー・ブラッシング・歯磨き・お薬の投与等も承っております。

また、植木の水やり・郵便物の受取・ペットの抜け毛の床掃除など簡単な家事も無料で承りますので、お気軽にお声がけ下さい。

ペットホテルとの違い

ペットの種類や性格によっても異なりますが、生活環境の変化や移動の際、ペット達は私達が想像する以上にストレスを感じている事があります。ペット達はそのストレスにより死に至るケースも起こりうるのです。

ペットホテルといってもお預かり形態は様々で、お散歩時間以外は狭いゲージに入れられ、聞き慣れない音や声などが行き交う場所に置かれてしまうペットホテルや夜間は出払ってしまうペットホテルなどもあります。

ペットホテルでのお留守番でも、短時間や1泊程度の短い期間なら大丈夫な子もいれば、どんなに短時間でもストレスで体調を壊してしまう子、反対に飼い主様の留守中、ご自宅にペットシッターがお邪魔をする事でストレスを感じてしまう子もいます。

あなたの大切なペットはいかがですか?

まずは、飼い主様がペットの性格をしっかりと把握し、ペットが安心してお留守番が出来る場所を慎重に選んであげる事が一番大切です。

ペットの体調管理

ペットのお世話の間、心身の健康に十分気を配ります。お留守番の期間が長い程、体調管理は重要です。

 

事前打合せで日頃の健康状態を確認し、お留守番中のペットの様子を細かくチェックします。

食欲はあるか。元気はあるか。水などを必要以上に飲んでいないか。室内の温度・湿度は適切か。体のどこかを痒がったり痛がったりはしていないか。散歩中や室内でのトイレの際、糞尿の回数や状態を毎回確認します。

気になる所があれば、迅速に飼い主様に連絡し、適切な対応をします。病気や怪我等で緊急を要する場合は、かかりつけの動物病院にペットシッターが搬送します。

感染予防・衛生管理

ペットシッターによる病気媒介を防ぐ為、訪問ごとの手の消毒やお預かりルームを清潔に保つなど、衛生管理を徹底しています。

また、他のペットとの接触にも配慮し、事前打合せでワクチン証明書を確認させて頂いています。

 2015年のワクチン証明書はこちらからご確認下さい。 

 

ペットシッター保険

アニマルガーデンはお客様に安心してご利用頂ける様、ペットシッターの活動中、業務に起因して他人の身体に障害を発生させた場合、もしくは他人の財物に損害を与えた場合に被る損害を補償する「ペットシッター保険」に加入しています。